アルファード買取メイン画像

オークションで売る

オークションにおける売却方法は、下記の2通りがあります。

ill-check-m1-l・業者用オークション
・ヤフオクなどの個人オークション

しかしながら、代行手数料やその他の書類関係における費用・作業内容を考慮すると、どちらが良いとも言えず、結局は手間が掛かるばかりで、正直なところ大変さだけが残る結果となるでしょう。

業者専門オークションの場合

業者が行う専用のオークションに参加する為には、オークション参加の許可証が必要不可欠です。
つまり参加する場合には、代行を頼むことになります。

勿論、代行をお願いするにも費用が掛かります。しかも、業者のオークションに出したからといって、特別高く売れる訳ではありません。

代行手数料等の費用が掛かる割りには、高く売れる保証はありませんから、一種の賭けのようなものです。そうならば、中古車販売店やディーラーに買い取ってもらう方が安心ですし、煩雑な手続きも必要ありません。そして、オークションに出すよりも高く売れる可能性もあります。

個人によるオークションの場合

ネットなどによる個人のオークションもあります。
業者専用のオークションに比べて、自分で全ての手続きをする為、利益が出る可能性は十分にあるのですが、オークション落札後のトラブルが多く発生するリスクを伴います。

その理由の一つに売却する車のメンテナンスが、きちんとされていない事が挙げられます。
通常、業者から買った場合には、最低限の保証も付き、無料修理期間が設けられています。また、整備士が売却する前にメンテナンスを行う為、余程悪質な業者でない限り、故障せず乗り続ける事が出来ます。

しかし、素人が個人でオークションに出す際には、メンテナンスはしないでオークションにかける事が多い筈です。特に、車の場合は、消耗する部品も多いですから、交換せずにそのままオークションにかける事になるでしょう。

それとは反対に、オークションで落札した人は、如何にもメンテナンス済みの車を安く買えた事で満足しますが、乗っているうちに部品交換や故障等が出始めるとクレームを言い出します。

知り合いから譲ってもらった場合には、そのようなトラブルはありませんが、ネットで知らない人からお金を出して買うとなれば、それ相応の整備がなされていると勘違いしてしまうのです。

 
個人売買に関しては下記のページでも詳しく掲載していますので、ご覧下さい。
>>個人売買での売却

クレーマーの存在

別のケースでは、故意にクレームをつける人の存在です。

敢えて、個人からのオークションで落札し、落札後、車の入手後に不具合が出たと言って、修理代を請求する人がいます。要するに、クレームを前提に修理代を請求するクレーマーです。

当たり屋と一緒で、修理代としてお金を引き出すことを目的としていますので、相当タチの悪い人たちです。そのクレーマーがかなり多くいることもトラブルの原因となります。そのような人たちですから、少々の事でも文句は言ってきますし、オークションの際にクレームや返品を行わないと記載していても、一切関係ありません。

このような被害に合う人は、かなり多いのが実情です。
また、それをカモにしている人がいる事も否めません。
この事からも、個人でのオークション出品はハイリスクがあり、必ずしも利益重視で考えて、安易に行うのは危険です。

ベストな方法とは

単体で車を売るにしても、下取りとして車を売るにしても、やはり一番安心で安全なのは、買取業者ではないでしょうか。

車の車種や年式によっても、査定が安いとは限りませんし、後々の事を考えても、信用を第一としている買取専門の業者に売るのが良い方法だと言えます。

どうすれば、より高く車を売ることが出来るのか?に、関しましては、下記ページで紹介していますので、売却前に一度ご覧下さい。
>>アルファードを高く売るなら

サブコンテンツ

このページの先頭へ