アルファード買取メイン画像

アルファードの廃車について

過走行や年式が古いとついつい査定する前に、廃車という選択肢を取りがちです。

このようなケースは自分で車の価値を決めてしまっている方が多いです。

車の寿命は10年落ち、10万キロ以上の走行。
という通説を鵜呑みに、その数字で自分の車を比べ、判断しているのでしょう。

しかし、絶対に守ってほしいことが1つあります。
最終的に判断を下すのは自分ですが、 必ず、査定してもらってから廃車にする。
ということです。

アルファードの処分、売却、引き取りを検討している方は、 かならずその前に査定してもらってください。
査定は無料です。
あなたになんのリスクもありません。

それにアルファードは、中古市場では数が少ない車でもありますので、 査定時の減額率が普通の車と比べてかなり低いです。

分かりやすくいいますと、通常の車より値落ちしないということです。

例え動かない車であっとしても、 修復して販売する価値はアルファードにはありますので、 買い取ってくれる業者が多いです。

どちらにせよ、あなたのアルファードが買い取ってもらえるか買い取ってもらえないかは、 買取業者しかわかりません。

だからこそ、自分で廃車という決断をする前に、査定に出すことをおすすめします。

10年落ち、10万キロ以上のアルファードを高く売却する方法について、下記のページで具体的に解説しています。
是非ご覧ください。
>>10万キロ・10年落ちアルファードの買取

サブコンテンツ

このページの先頭へ