アルファード買取メイン画像

売却時に必要になる書類

車を売却するときには、色んな書類が必要となってきます。
以下に挙げた書類の準備は必要不可欠です。

自分で用意する書類一式

IMGtheThinker・自動車検査証(基本的に車の中に入れてると思います。)
・印鑑登録証明書(1ヶ月以内の発効日のものが2通)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券(中古車の場合)

・住所変更があり車検証と住所が違う場合(住民票)
・結婚などで姓が変わっている場合(戸籍謄本)

買取の業者から渡される書類一式

・譲渡証明書
・委任状

上記の書類は必ず必要となります。
手元にあるものもあるでしょうし、役所に取りに行かなければならない書類もあります。
しかし、スムーズに売却を進めたいのであれば、業者から説明を受けた後に、早めに準備しておくことが必要です。

万が一、上記の書類で見つからないものがある場合には、下記の方法があります。

・自賠責保険証

自賠責保険証をなくした場合には、慌てずに保険会社に連絡をして事情を説明し、再発行してもらうことができます。

しかし、発行の際には、身分を証明するものが必要ですので、免許証などを準備しておく必要があります。書類再発行に関する事項に必要なものは、保険会社で説明してくれます。

 

・車検証

車検証の取り扱いは、陸運局になります。ネットで調べても良いですし、何処の陸運局かが判らない場合は、業者に聞けば教えてくれるはずです。

車検証は、本来、車中に置いておくべき物ですので、余り無くすことはないとは思いますが、陸運局での再発行が可能な事は、知っておいて下さい。

 

・納税証明書

納税書に関しては、車検を控えている場合には、車検証に挟んでおく人もいると思いますが、特に車検の時期でない時には、無くしやすいものです。

どうしても見つからない場合は、税務署の管轄になります。よく分からない人は、役所の税金窓口で聞いてみると良いでしょう。

管轄の税金事務所を教えてくれます。まずは、電話して、再発行に必要な説明を聞いて下さい。一旦、収めたものですから、無料で再発行してもらえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ