アルファード買取メイン画像

アルファードの歴史

アルファードは販売開始から10年程度しか経っておらず、 車種の中では若者に分類されます。

しかし、その人気の高さから10年程度しか経っていないと思わせない風貌がありますね。

アルファードはグランビア、レジアス、グランドハイエース、ツーリングハイエースの後継モデルとして生産された車であり、 日産エルグランドの対向車として販売されました。

現在では、L型ミニバンでの2.4L仕様が成功し、 ライバル車の日産エルグランドを抜き、トップに君臨しております。

アルファード歴史年表
初代アルファード 2002年~2008年 ANH1#W,MNH1#W,ATH10W型
2代目アルファード 2008年~ ANH2#W,GGH2#W,ATH20W型

アルファードは初代、2代目ともに月間販売台数が平均3000台を超えておりますが、 中古市場では玉数が少ないという傾向があります。

それが査定額の減額率の低下にも繋がっております。

販売対数と中古車市場の流通数を比べると、長く乗り続けている人が多いということがわかります。
そのことから、車体の丈夫さやユーザーの満足度が伺えるかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ