アルファード買取メイン画像

アルファードの寿命について

アルファードを含む、一般的な車の寿命はそれまでのメンテナンスで決まります。

車検も激安車検ではなく、しっかり定期部品を交換し、12ヶ月点検も行っている。 オイルの交換もまめにしている。 という車体でしたら、10万キロやそこらでエンジンの調子が悪くなったりなんてありえません。
20万キロは乗ることができるでしょう。

しかし、車検に通して、オイル交換をしているだけ。
という車両は、部品の経年劣化も早まりますし、修復費用にもお金が結構かかる場合が多いでしょう。

車は基本的には修復し続ければいつまでも乗ることができます。
海外なんて20万キロ、30万キロ走行することが当たり前です。

ただ、乗り心地や安全性は無視されていますが。
乗れればいいという感覚なのでしょうね。

アルファードは中古市場の玉数が少ないです。
しかしアルファードの新車月間販売台数は、その他の車と比べても少なくありません。

つまり、アルファードのオーナーは寿命まで乗り潰している方が多いのでしょう。

逆に考えると、それだけ丈夫な車ということもできます。
他の車よりも品質は上なのでしょう。

先にも言ったとおり、車は修復し続ければいつまでも乗ることができます。
つまり、車の寿命は自分で決めなければいけません。

買い替えを決断したとき、その時こそが車の寿命となります。
今までのメンテナンスに自信がないのなら、 一般的に言われている10年落ち、10万キロ走行で買い替えするのも賢い選択です。
10年落ち、10万キロ以上のアルファードの売却をお考えの方は、下記のページを参考にして下さい。
>>10万キロ・10年落ちアルファードの買取

サブコンテンツ

このページの先頭へ