アルファード買取メイン画像

修復歴有の車の買取

ill-check-m1-l修復歴のある車は何も「修理したことのある車」だけではありません。
ほとんどの方が認識している「修復歴」は実は以下の3つに分類されるのです。

・修理歴車
・修復歴車
事故車

修理歴のある車

修理歴がある車とは、その名の通り「故障した箇所を修理したことのある」車のことです。
車の塗装が剥げた、少しの凹みを直した等など、軽い修理をした車を言います。

この程度の修理はどの車にも多少なりともあるものですから、ほぼ査定に響くことはありません。

また、塗装の剥がれた部分にペイントなど錆びないように塗る場合がありますが、査定士はちゃんと見ています。どの程度のキズや塗装の剥がれ具合だったのかを、きちんと説明しましょう。

現在故障中のアルファードの買取に関しては下記ページで掲載しています。
>>故障中のアルファードの買取

修復歴のある車

修復とは、車の土台となる基礎の部分の修復を言います。
例えば、下記のような部分です。

IMGtheThinker・フロントインサイドパネル
・フレーム
・フロントクロスメンバー
・ダッシュパネル
・ルーフパネル
・ルームフロアパネル
・ピラー
・トランクフロアパネル
・ラジエターコアサポート

余程の事故でなければ、破損しない部分です。

少し大きく擦ってしまった、軽くぶつけてしまった等、警察を呼ぶ必要性のない軽いものです。特に大きな事故によるものでなければ問題はありません。

 

事故を起こした車両の場合

自損・対物を問わず事故を起こした車のことです。

 

修復した車でも、大小異なり、またさまざまな理由から修復せざるを得ない状況の場合もあります。
なので、一概に修復歴車と言っても色々な種類がある事が、お解り頂けたのではないでしょうか。

では、修復暦のある車も一般の車と同じように売却しても問題ありません。
高く売却する方法はTOPページに記載しています。
>>アルファードを高く売り切るテクニック

サブコンテンツ

このページの先頭へ