アルファード買取メイン画像

ローンの残債がある車の買取

車のローンが残っている場合は、売却しようにも車検証の所有者は個人名義ではなく、ディーラーやローン会社になっていますね。つまり売却できません。

しかし、どうしても車を買い換えたい場合は、所有者の印鑑証明や許可がなければ売却が出来ません。

ローン清算システム

車屋も車は売りたいですから、車の個人に代わり、ローンを精算してくれるシステムもあるようです。
新しい車のローンに残りのローンを上乗せして、支払っていくようにはなりますが、業者がローンの精算を代わってくれる事は、嬉しいですね。

精算の仕方の詳細としては、売りたい車の下取り価格からローンの残りを差し引いた金額を、新しく購入した金額(ローン)にプラスする形となります。

例)
車の下取り額 50万円
ローンの残債 100万円
新しい車のローン 350万円

350万円+(100万円-50万円)=400万円

注意点

ローンが増えることには違いないので、出来れば最初の車のローン返済が終了した後に、買い換えるのが理想です。要は、多重ローンを抱えることになりますから、経済的な負担が大きくなります。ですので、よく計画を見直して買い換えるようにした方が、良いと思われます。

しかし、車を買い換えなければならない理由や状態の場合もあるでしょう。
多重債務を承知の上で、買い換えたい場合には、このシステムはとても便利です。

特に自動車事故で乗りたくない車の場合は、乗り換えを考えざるを得ないですね。
そのような事情がない場合は、ローンが多重となることを考えて、慎重に車の買い替えを検討してみたいものですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ